★ 建築物の敷地が道路、水面、線路敷その他これらに類するものに接する場合であっても、日影規制の緩和に関する措置はない。(7-24-4)



平成7年[問 24]

(4)誤り。建築物の敷地が道路、水面、線路敷その他これらに類するものに接する場合には、日影規制の緩和措置がある。道路、水面、線路敷等は、そもそも人々が日当たりを享受する場所ではないからだ。

№4の問題に戻る