★ 住宅金融支援機構は、証券化支援事業(買取型)において、賃貸住宅の建設又は購入に必要な資金の貸付けに係る金融機関の貸付債権については譲受けの対象としていない。(R2-10月試験-46-3)



令和2年(10月追試) [問 46]

(3)正しい。本肢は「証券化支援事業(買取型)」、つまり、住宅ローンを貸付けた一般の金融機関の貸付債権を、支援機構が買い取る(譲受ける)業務の話だ。この業務(譲受け)の対象となるのは、「申込者本人または親族の居住する住宅建設・購入のための」貸付けに限られている。賃貸住宅の建設又は購入に必要な資金(つまり、賃貸住宅のオーナーになるために必要な資金)の貸付けに係る貸付債権は、譲受けの対象としていない。

№2の問題に戻る