★ 住宅金融支援機構は、高齢者の家庭に適した良好な居住性能及び居住環境を有する住宅とすることを主たる目的とする住宅の改良(高齢者が自ら居住する住宅について行うものに限る。)に必要な資金の貸付けを業務として行っている。(30-46-4)



平成30年[問 46]

(4)正しい。本肢は「資金の貸付けの業務」の話だ。この業務では、支援機構が直接に資金を貸付ける。直接に貸付け業務を行うのは、あくまで例外的な場合(一般の金融機関による融通を補完する場合)であり、言ってみれば「社会的な弱者に対するもの」だ。その一環として、本肢のような「高齢者の家庭に適した良好な居住性能及び居住環境を有する住宅とすることを主たる目的とする住宅の改良に必要な資金の貸付け業務」がある。

№2の問題に戻る