1. 宅建の迷物図書館

  2. [無料]宅建ファンタジスタ オンライン講座

  3. 宅建の四択過去問題

  4. 法令上の制限の目次

平成13年[問 20] 防火・準防火地域
防火地域又は準防火地域に関する次の記述のうち,建築基準法の規定によれば,正しいものはどれか。
(1)防火地域内において,延べ面積が50㎡の平屋建の附属建築物で,外壁及び軒裏が防火構造のものは,必ず耐火建築物等としなければならない。
(2)準防火地域内にある木造建築物の外壁及びその軒裏で延焼のおそれのある部分は,防火構造としなければならない。
(3)建築物が防火地域及び準防火地域にわたる場合においては,その全部について準防火地域内の建築物に関する規定が適用される。
(4)防火地域又は準防火地域以外においても,建築物の高さが15mを超える建築物は,耐火建築物等又は準耐火建築物等としなければならない。

この問題の解答・解説を見る


平成23年[問 18] 防火・準防火地域
建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
(1)建築物が防火地域及び準防火地域にわたる場合、原則として、当該建築物の全部について防火地域内の建築物に関する規定が適用される。
(2)防火地域内においては、3階建て、延べ面積が200㎡の住宅は耐火建築物等又は準耐火建築物等としなければならない。
(3)防火地域内において建築物の屋上に看板を設ける場合には、その主要な部分を難燃材料で造り、又はおおわなければならない。
(4)防火地域にある建築物は、外壁が耐火構造であっても、その外壁を隣地境界線に接して設けることはできない。

この問題の解答・解説を見る



このページのTOP ▲