平成5年問6の解説、正解は(1)

平成5年[問 6] 弁済
AのBからの借入金 100万円の弁済に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。
(1)Aの兄Cは、Aが反対しても、Bの承諾があれば、Bに弁済することができる。
(2)Aの保証人DがBに弁済した場合、Dは、Bの承諾がなくても、Bに代位することができる。
(3)B名義の領収証をEが持参したので、AがEに弁済した場合において、Eに受領権限がなくても、Aが過失無くしてその事情を知らなかったときは、Aは、免責される。
(4)Aは、弁済に当たり、Bに対して領収証を請求し、Bがこれを交付しないときは、その交付がなされるまで弁済を拒むことができる。

平成5年[問 6] 正解(1)
(1)誤り。兄というだけでは「弁済をするについて正当な利益を有しない第三者」だ。弁済をするについて正当な利益を有しない第三者(C)は、債務者(A)の意思に反して弁済できない。
(2)正しい。保証人は「弁済をするについて正当な利益を有する第三者」だ。弁済をするについて正当な利益を有する第三者(D)が弁済した場合、その第三者は、債権者(B)に「当然に」代位する。したがって、Dは、Bの承諾がなくても、Bに代位することができる。
(3)正しい。「受領権者としての外観を有する者」(E)に対して、債務者(A)が善意・無過失で(EをBの代理人と過失なく信じて)弁済した場合には、その弁済は有効となる。したがって、本肢のような場合、EがBの代理人ではなく、その証書が盗まれたものであるとしても、Aは弁済が有効となり、Aは免責される。
(4)正しい。弁済と領収書(受取証書)の交付は「同時履行の関係」にある。したがって、Bが領収書を交付しないときは、Aは、その交付がなされるまで弁済を拒むことができる。

>> 弁済の問題