1. 宅建の迷物図書館

  2. [無料]宅建ファンタジスタ オンライン講座

  3. 宅建の四択過去問題

  4. その他の分野の目次

平成29年[問 50] 建物の知識
建物の構造と材料に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
(1)木材の強度は、含水率が小さい状態の方が低くなる。
(2)鉄筋は、炭素含有量が多いほど、引張強度が増大する傾向がある。
(3)常温、常圧において、鉄筋と普通コンクリートを比較すると、熱膨張率はほぼ等しい。
(4)鉄筋コンクリート構造は、耐火性、耐久性があり、耐震性、耐風性にも優れた構造である。

この問題の解答・解説を見る


平成30年[問 50] 建物の知識
建築物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
(1)木造建物を造る際には、強度や耐久性において、できるだけ乾燥している木材を使用するのが好ましい。
(2)集成木材構造は、集成木材で骨組を構成したもので、大規模な建物にも使用されている。
(3)鉄骨構造は、不燃構造であり、耐火材料による耐火被覆がなくても耐火構造にすることができる。
(4)鉄筋コンクリート構造は、耐久性を高めるためには、中性化の防止やコンクリートのひび割れ防止の注意が必要である。

この問題の解答・解説を見る


令和1年 [問 50] 建物の知識
建築物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
(1)地震に対する建物の安全確保においては、耐震、制震、免震という考え方がある。
(2)制震は制振ダンパーなどの制振装置を設置し、地震等の周期に建物が共振することで起きる大きな揺れを制御する技術である。
(3)免震はゴムなどの免震装置を設置し、上部構造の揺れを減らす技術である。
(4)耐震は、建物の強度や粘り強さで地震に耐える技術であるが、既存不適格建築物の地震に対する補強には利用されていない。

この問題の解答・解説を見る


令和2年(12月追試)[問 50] 建物の知識
建築物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
(1)基礎は、硬質の支持地盤に設置するとともに、上部構造とも堅固に緊結する必要がある。
(2)木造建物を耐震、耐風的な構造にするためには、できるだけ建物の形態を単純にすることが適切である。
(3)鉄骨造は、不燃構造であり、靭性が大きいことから、鋼材の防錆処理を行う必要はない。
(4)近年、コンクリートと鉄筋の強度が向上しており、鉄筋コンクリート造の超高層共同住宅建物もみられる。

この問題の解答・解説を見る



このページのTOP ▲