宅建の迷物図書館 >> 【宅建士試験】良くある質問と回答(Q&A)


更新:2019年11月3日

独学で宅建士試験を目指す人のための,質問と回答のコーナーです。
質問部分は原文を簡略化してあります。


多数回受験者は今までの教材を捨てるべきですか?

【回答】

多数回受験者の定義を,「受験回数3回以上」とし,かつ,独学で宅建試験を目指す方へのアドバイスとして,お答えします。

【原則】

今までの教材は捨てたほうがいいでしょう。
参考書・問題集ともに完全に捨てましょう。

これは,迷物講師が作った無料の参考書・テキスト 準備中無料の過去問解説集 準備中にも当てはまります。

この点について,私はずっと統計を取ってます。
一般に,ひどい目にあった教材に対しては,一種のトラウマを抱え込みます。
このトラウマは,「本試験当日になって突然襲い掛かって来る」ことが多いです。

だったら,著者・編集者が全然違う教材で,新天地を求めたほうが清々しく勉強出来るし,何より本試験当日の心理状態がGoodです!

多数回受験者ほど,心理的な要素をバカにしちゃダメ!
「石の上にも3年」は,多数回受験者の教材選択に関してはハズレが多いです。

【例外】

例外として,今までの教材・先生等に「愛着を感じている」人がいます。
そういう人は,その教材等と「心中する」つもりで,次もまた行きましょう。
愛着を感じているものに,トラウマが襲い掛かる心配は無いです。

なお,「愛着を感じている」教材・印刷物は,今までのものを自分で改定したほうがいいです。
新しいものは「使わない」のがコツ。
新しいものを買ってもいいけれど,心中する,つまり「使いこなす」のは,今までのものですぞ!
書くスペースが無くなっても,適当な紙を貼り付けるなどして,法改正等を補完して行くんです。

ちなみに,こういう気が起きない教材は,「愛着を感じている」とは言えない証拠でしょう。




宅建の迷物図書館 >> 【宅建士試験】良くある質問と回答(Q&A)